2010年04月16日

150万が 3000万になった話

  最近は工房内でのデスクワークが多いので、昨日の夕食後ウォーキング

  しまた。i pod で音楽を聴きながら、静かになった街を歩いてみると意外と

  気持ちのいいものです。本当ならジョギングといきたいところですが、東京は

  4月中旬にも関わらず寒いので散歩で我慢です。

  こんにちは!店長です。


  今日は昔働いてたB工房での昔話です。

  そのB工房は東京のとある街にあります。元々私が働いて宝飾加工の

  A工房とは別の工房で、B工房は主にアンティークの修理品等が持ち込まれます。

  おそらく日本にあるアンティークショップの9割のお店がここの

  B工房で修復作業をしていると思われます。


  中には美術館所蔵の超有名ブランドの名作(逸品)も持ち込まれます。

  アンティークのすんごいティアラとか、いくつもあったりして。


  で私が丁度入ったときに修復していたのが、銀のろうそく立て(食台)で

  何でも骨董商のイタリア人が、150万で買い付けてきたというものでした。


  ただ銀製で手入れがされておらず変色しており、各パーツごとに分解されて

  いたこともあり、それほどのモノでもないと思いながら、修復作業を進めて

  おりました。ただ作業を進めれば進めるほど、すばらしいデザインが

  現れてきました。デザイン自体がルネッサンス調で男の顔とか葡萄とか

  葉っぱとかのモチーフで作られていました。


  数名の担当のスタッフとともに1~2ヶ月ほどかかり修復完了。

  こんな感じの▼製品でした。(1分で手書きしてみました)

  銀・ろうそく立て

  組みあがったものは2m以上あり、店の前を通る通行人は皆足を止め、

  見入るほどの素晴らしいお品でした。


  その製品を骨董商へ納品してから1年後くらいでしょうか。テレビ番組で

  青山の特集をしていたその時、その銀のろうそく立てが紹介されていました。

  なんと3,000万円で骨董通りのお店で販売されていました。


  なんでもこの製品は、ムッソリーニ(イタリア王国の政治家・革命家)から

  日本の要人 松岡洋右(ようすけ)へ贈られたものということです。。



  そんな私の▼お店
   アンティーク調・結婚指輪 ≪GOCCIAはこちら

  30代、40代のお洒落さんに人気のアンティーク調あります。

  ぜひご覧下さい!






  
posted by コデラマン at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働いてたお店のはなし | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

下町みたいなジュエリー加工店

  午前中から~2時過ぎまでは、メール対応、発送作業等をしています。

  最近は、2時からお昼休憩です。

  こんにちは!店長です。


  今日は僕が昔働いてた工房のお話し。

  そこは実家から自転車で10~15分位のところにありました。

  昔からのテナントで、2階は人が住めるようになってて、決して綺麗とは

  いえない工房のある貴金属店でした。



  まわりには昔からあるパチンコ屋とか昼間からやってる居酒屋とかあって。


  でうちの親方(職人の世界なんで親方なんです)も近所の居酒屋とか
 
  パチンコ屋とか毎日のように行くわけですよ。


  そんな感じなんで近所に呑み仲間や知り合いが沢山いて、しょっちゅう店に

  遊びに来るんですよ。(真昼間から酔っぱらってるおっちゃんが)



  いつからか酔っ払いも集まる高級ジュエリー加工店になっちゃったわけです。


  お店に来る女性客より、遊びに来る近所のおっちゃんの方が来店率高かった・・・。


  でも店の中にある工房では、有名なお店の一点ものとか原型とかが手作りされてて。

  ほんとあの感じは下町そのものでした・・・


  ブログ・トップページへ≫ http://goccia-jewels.seesaa.net/

  今でも結婚指輪を手作り(鍛造で)しています。

  オーダー、フルオーダーも出来ます。




posted by コデラマン at 12:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働いてたお店のはなし | 更新情報をチェックする